東京・江戸川区の植物専門店ワールドガーデンは、豊富な種類の大小さまざまな観葉植物を取り扱っております。

トップサイトマップ配達についてアクセスオンラインショップお問い合わせ

  1.   >
  2.   >
  3. 植物が放出するフィトンチッドの力

植物が放出するフィトンチッドの力

森林浴とは

約20年程前に、当時の「林野庁」の提唱で、樹木に接し、癒しを求める行為として「森林浴」という言葉がうまれました。
森林浴は身体に良いとされており、欧米では「森林浴セラピー」や「自然療法」として森林浴が実際に医療の現場で実用化されており、 保険が適用される国もあるほどです。森林浴はとても健康的で、私たちに非常に有益な効果をもたらします。

森林浴の効能

  • ・ストレスホルモン減少
  • ・副交感神経活動が活発
  • ・交感神経活動抑制
  • ・血圧、脈拍数低下
  • ・たんぱく質増加
  • ・病気に対する免疫力UP

森林浴の効果

  • 「緊張」「うつ」「怒り」「疲労」「混乱」などのストレス状態の改善
  • 「活気」「活力」などの意欲、エネルギーの回復
  • 「身体の痛み」等の自覚症状の改善
  • 「全体的健康」「心の健康」等の気分の改善
  • 「最高血圧」「最低血圧」の低下、脈拍の減少等の自律神経系の改善
  • 運動による体質改善とリハビリテーション効果

これらの効果効能には植物が放出する揮発性物質フィトンチッドが影響しています。

※上記の森林浴が私達へもたらす有益な事柄は、各研究所、大学が森林を研究した結果です。

フィトンチッドとは

誰の力も借りることなく何百年・何千年と樹木が生き続けることが出来る生命力の源

そもそもフィトンチッドとはロシア語でフィトン(植物)チッド(他の生物を殺す能力を有する)を意味しており、「植物からでる揮発成分は殺菌作用がある」という意味を持った造語です。
1930年頃、旧ソビエトのレニングラード大学B・Pトーキン博士は、「マツ、モミ、トドマツ、ネズなどの樹木の葉やニンニク、ネギなどにおいの強い野菜の葉を切り刻み、少しはなれたところに赤痢、チフスなどの病原菌、あるいはアメーバーなどの原生動物を置いておくと、これらの微生物は短時間のうちに死んでしまう」。このような現象を見て「植物は傷つけられると、その周辺にいる他の生物を殺す何かの物質を出す」という研究成果を発表しました。
つまりフィトンチッドには病原菌やウイルスに対して強い抗菌・除菌力を持ちます。

フィトンチッドとは植物から発散される香り成分テルペン類等の揮発性物質であり、植物はその生命を維持するため、また自らの成長を促すために、フィトンチッドを幹や葉から大気中に放出しています(森林気相現象)。
森にはその森特有のにおいがあります。森の良い香りを形づくっている主成分はテルペン類です。
においの物質には血圧低下や沈静効果があります。アトピー体質の子供が桧のフローリングに接し始めて一週間後、炎症が消えた事例も認められています。また、製材室のテルペン濃度は森林内の50倍ほどで、製材所にぜんそくの子供を連れて行くと、その症状が和らぐといわれています。

このフィトンチッドは観葉植物を含め、あらゆる植物から放出されています。
自然から遠ざかった現代の暮らしだからこそ、身近に植物を飾りませんか。
植物の数が多ければ多いほど、その効果は上昇します。自宅にいながら森林浴も夢ではありません。